本文へ移動

社長のブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

いざ新潟へ…(自転車編その3)

2017-06-10
いざ新潟へ 天候は最高!
途中も順調!
二日目は在来線で帰宅…( ノД`)
 


先週の週末に新宿から自転車で新潟へ向いました。




春から計画をしていましたが、なかなかタイミングが合わず、朝に天気が良かったので勢い出かけてみましたが…結果からお伝えするとあえなく途中で断念となってしまいました。

 


 

初日は群馬県渋川市、赤城付近の温泉施設で一泊、翌日三国峠を越えるという、二日間にわたる行程です。

 

 

距離で言えば一日目が約130km、二日目が約200kmの走行予定。

 


 

幸い東京を出るときは天気に恵まれ、山手通りから17号を抜けて、昼頃には高崎に入り、かなり順調に推移していましたが、赤城に向かう途中でかなり強い向かい風と土埃で前に進まず、大きく体力を奪われてしまい、結果10kmを残して断念となったものです。

  



また夜間に体調を崩してしまい医療機関にかかることに…。

ホテルフロンントの方や地元病院にもご迷惑をおかけしてしまい、恥ずかしいやら情けないやらで、本当に申し訳なくこの場をお借りしお詫び申し上げます。。

  



お陰様ですぐに回復し、今ではまたチャレンジしたく完全復帰していますが、さすがに周囲に止められそうですので、また時期を変えて挑戦出来ればと思います。

 

 

それにしてもお世話になったホテルフロントのご担当者様、本当に優しく素晴らしい対応をして下さり只々感謝しております。

 

 

送って下さった電気自動車の感触やなぜかウインカーの音が今でも忘れられません。笑

絵画がご趣味とおっしゃっていましたが、雑談は不安感をかなり和らげてくれました。

 

 

また病院に着いてからも何度も電話を頂いていたご様子、夜間の帰宅間際に大変なご迷惑を御かけしてしまいました。



お仕事上「おもてなし」と言う言葉がありますが、私はそれ以上に「安心」まで頂いてしまいましたね。

 

 

そしてご心配と配慮下さった責任者様、すべてのスタッフの皆様、本当に申し訳けございませんでした。

 

 

あらためて感謝申し上げます。



同業者有志の勉強会!

2017-06-08
勉強会その1
おもなしの心
勉強会その2
 

 

もう先月になってしまいましたが、同業者有志勉強会にて広島県内の会社まで伺ってきました。

 

 


企業をとりまく環境は劇的に変化していて、一見普通に経済成長を遂げているようにも見えますが、長くにわたって上向いて来た人口や経済成長は既に大きな岐路に立っていると言えます。

 




 

少々大げさかもしれませんが、特に電気業界を取り巻く環境は顕著で、著しいテクノロジーの改革は世界規模で一気に進みますし、ITで先行するその大きなエリアでは、既に日本は最先端とは言えない状況です。

 

 

今は世界規模での設計と製造ですので、小さなエリアで特化出来て来たつい数年前の日本とは状況が違います。

 

 

多くの製造はもはや中国でさえ高コストになりつつ、どんどん各方面へ伝搬して行きますが、遅れているアジア全域の開発がこのままのスピードで進んで行くと一体何が起きるのかは経済学者でもベストな回答は難しいのではないでしょうか。

 

 

ひとつ言える事は、既に日本の私たちは生きていく為に必要なインフラや技術は十分手にしていると言う事。これから起きるテクノロジー改革は人の手を介さなくても自動で便利な社会と言われますが、それははたしてどこまで私たちの生き方を変えてくれるのか懐疑的な部分も含んでいます。

 

 

しかし止まらない、止める事が出来ないのが技術革新ですので、私たちは少なくともそれを利用し、その先を予想して継続して行かなければなりません。

 

 

まして国内の少子高齢化は歯止めがかかわる訳も無く、超大手と言えどもビジネスモデルは大きく変わって行かなければ生き残る事が難しい時代です。

 

 

さて私たちはどうすればよいのか…。

 

 

すくなくとも今までと同じ業態、同じ形式、同じ働き方ではミスマッチになる事の予想は出来ます。

 

 

今回の勉強会でこんな大きなテーマが出たわけにはありませんが、変化に対応した企業作りにおいては、その大きな努力を行っている会社への訪問であったと思います。

 

 

普段から変わらなきゃ…と思っていても、ことのほか組織を変革する事は大変難しいのが現状です。

 

 

そこに大きなリーダーシップを発揮して改革に取り組む姿はなかなか出来ない事です。

 

 

そんな活動を目の当たりにした私たちは、一種敬意を覚える程でした。

 

 

大きな改革の波と、それを動かそうとする経営者、また改革を上手く順応させて行く厳しさと優しさなど、様々な経営層と従業員の意見が交差して、生々しくも非常に充実した勉強会であったと思います。

 

 

遠路ではありましたが、商圏がだぶらないからこその意見交換は、普段なかなか触れる事の出来ないお話も出来てとても有意義でした。

 

 

最後に、私たちを迎えるにあたり、先方スタッフから頂いたおもてなしの心。

ささやかではあっても、その一つでどんなにか真心が伝わるか。

おもてなしとはサービスではなく、相手の気持ちに立つ事である事がよくわかります。

 

 

業務多忙の中、私たちの為に時間を割いて下さり、本当にありがとうございました。

私もいつかは皆さんをお迎え出来る体制を作って行きたいと思います。

 

 

それでは、ハッピーなメープルになりますよう、心よりお祈りしています。







 

新潟県内で送電を開始しました!

2017-06-01
組み立て風景
アルミ架台との美しい仕上がり
高効率分散型パワーコンディショナー
 

 

パルエナジーマネジメント社で運営する野立て型太陽光発電所、ソーラーステーションが今月から無事に新潟県内3か所、出力合計150kWにて初めて送電を開始しました。

 


 

当社は今までは主に長野県内で運営を行ってまいりましたが、今回は下越地区でご縁のある地主様より土地をお借りする事が出来、今日の開設まで進める事が出来たものです。

 


 

思えば足掛け5年の期間を要し、沢山の関係者の方々の協力を得て完成を迎える事が出来、送電開始の報告を受けたときは感無量でした。

 


 

途中で大きな出力変更を余儀なくされましたが、技術的知識を授けて下さる方や、経産省を始め各方面の手続きをお手伝いして下さった方々の熱意の賜物でここまで来れたと思います。

 


 

そして今日、素晴らしい施設を完成させる事が出来ました。

アルミニューム架台と単結晶パネルで仕上がった姿は美しく優雅にも見えます。しかしこれから20年のしっかりした運営も行って行かなければなりません。

 


 

少なくともこれまでの開発期間で途中三回あきらめかけた現場ではありましたが、こうして静かに送電を開始するとその苦労も報われます。


 

 

この場をお借りしてこれまでご苦労を共にして下さったすべての皆様にお礼を申し上げると共に、素晴らしい施設になりました事を報告させて頂きます。

 

 


本当にありがとうございました。

 



パルエナジーマネジメントでは今後も再生可能エネルギーについて様々な見地から普及を目指すためにパルコミュニケーションズ共々、地域社会に貢献して参りたいと思います。

 


                          平成28年6月1日 パルエナジーマネジメント 代表 五十嵐修

 

省エネ社会の切り札になるか…ZEH!

2017-05-12
パナソニック関連サイトから HITモジュール
パナソニック関連サイトから パワーコンディショナー
パナソニック関連サイトから マネジメントモニター
 ※ 写真はパナソニックの太陽光発電関連サイトから。
 



ZEH
(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅です。

経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っています。

上記の目標の達成に向け、平成28年度のZEH支援事業(補助金制度)においては、自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を2020年までに50%以上とする目標を宣言・公表したハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者等を「ZEHビルダー」として公募、登録し、屋号・目標値等の公表を行っています。

平成293月現在において、全国のハウスメーカー、工務店を中心に5,566社がZEHビルダー登録を行っています。

経済産業省資源エネルギー庁HPから


 

 

 

なんと素晴らしい取り組みと思います。

東日本大震災から6年が経過し、自然災害だけでなくその影響はエネルギーの確保をどうするかと言う大きな問題に直面し、その明確な回答はいまだ得られていないのが現状です。

 

 

しかしこの数年で、以前では考えられないほどの再生可能エネルギーを生産する事が可能になり、また不安定な電源として揶揄されて来た太陽光や風力発電の電気を蓄電する事で安定化して使用出来る見通しも出て来ています。

 


 

それは電力会社が設置する大規模な蓄電設備もありますが、各家庭にも普及して行こうとしている個別の小型蓄電装置もそうです。

 



そのほとんどが高価なリチウムイオン型蓄電池型なのですが、ここ数年でのコストダウンはその普及を可能なレベルにまで下げて来ています。

 


 

また以前も触れましたが、今後急速に電気自動車社会に移行して行けば、分散型ではありますが、膨大な電力を電気自動車に蓄電する事が可能になります。

 

 

自動車のエネルギーは大きいので、1台で容量100KWhも既に存在します。

いざという時は、一般家庭の10日分位に匹敵する量ですから驚くばかりです。

 

 

政府は今後の住宅政策について、ゼロエネルギー住宅を推進しています。

その相称がZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)なのです。

 

 

要は「高効率と省エネ+創エネ」

 

 

エネルギーのロスを防いで、より少ないエネルギーでしかも太陽光などを利用してエネルギーを作り出す、全住宅を巻き込んだ壮大な計画とも言えるのではないでしょうか。

 

 

2020年で一般的レベルに、2030年までに半分の新築住宅での採用を目指すZEH社会。

普及の要は全国の工務店さんの取り組みと、理解する施主様の考え方と思いますが、既に多くのハウスビルダー様が登録を済ませておられる事は本当に素晴らしい事ですね。

 

 

コストバランスで似ている例とすれば、たとえば自動車の安全装置。

昔はかなり高価だったエアバックやABS,アイドリングストップ等々も、今では自動ブレーキまで標準化されるかもしれません。

 

そうした事象を考えれば、安全にかかわる必要なコストは既に最低限必要な設備コストです。無理ではなく、エネルギーもこれからの社会は全員参加で取り組む必要があります。

またこうした取り組みには補助金も欠かせないところですが、既にその枠も進められているので、今後新築を考えておられる方は是非とも参考にされて頂ければ幸いです。

 

 

私達パルコミュニケーションズ、パルエナジーマネジメントでもZEHに関して重要視されるソーラー発電や、それらをマネジメント出来る蓄電監視制御システムを提案する事で、地域社会に一層貢献して参りたいと考えています。

 

 

 

 

GWも間近に…。

2017-04-21
 

 

今年のGWはまずまずの配列。

 

 

 

前半で2日、後半は普通で5日間の休暇が得られます。

連続すれば9日間の休暇ですから海外旅行も大いに可能ですが…。

 

 

 

しかし月火と休まなくとも、それなりに連休になって遠慮なくお休みがとれると言うか…。 でも余りに長い連休は、むしろ体調を崩したりと…。

 

 

おっとこれは働きバチ的な昭和日本人の感覚かもしれませんね。
同世代に多く聞かれますし…。笑





最近では連続してお休みにされるメーカーさんや取引先もあって、当社も個別では連休に出来る体制ではおりますが、なかなか実現出来る環境にはありません。

 

 

 

どうしても現場やお客様主体の工程で勤務している当社では、休みであるからこそ作業出来る現場もあり、土日、夜間などに作業が集中する事も否めません。

 

 

 

サービス業とは値引きや無料化にする事ではなく、本来このようなお客様のご要望にお応え出来る体制を言うのだと思いますが、しかしそのどれも本人はもちろん企業側にも努力が必要な事は否めないのが現状と思います。

 

 

 

対応下さる社員がいてくれるからこそのサービス業。

皆とそのご家族様にも感謝です。

 

 

 

最近では残業や労働時間の短縮が求められる中で、どのようにサービスが維持する事が出来るのかが、会社はもちろん、働く側の人にも大きなデーマと思います。

 







ここのところ主に大企業が先この問題に取り組む中で、中小企業も今までのままで良い訳は無く、いかに効率よく、決められた時間内で全て求められる業績を維持し、利益を確保して行くのかは至難の業。

 

 

 

 

業種においても一元的に語れないとは思いますが、社会全体で見て、少なくとも全ての企業で安易な安売り合戦を重ねている現状では解決は難しく、しかし同じサービス、同じ商品であればそれも許されず…。

 

 

 

これら根本的にある大きな矛盾を打破して行かなければ企業も社員も生き残れないとは、かえって厳しい社会到来ともいわれます。

 

 

 

業績の確保とお互いの利益は必須の中で、かつ決められた時間内で行動する。

しかしこれを限定化してしまう方が働きにくい現状。

 

 

 

人それぞれも皆同じ画一化されている訳でもなく、各々がそのやり方の中で見いだせる解決方法を模索して行くことが最も必要な事なのでは…と思います。

 

 

 

就活ももすぐクロージングの時期と思いますが、働き方が変わって行く今の世の中で、自分に合った働き方と、どこに高いモチベーションをいかに維持して行けるのかを見極めながら、残り少ない時間を有効に使って頂ければと思います。

 

 

 

GW予定から働き方までのお話になってしまいました。笑 

 

まだ再来週からではありますが、それぞれのさわやかな五月晴れのお休みになりますよう祈っております。

 

 

 

 

 

TOPへ戻る