本文へ移動

ご利用の実績

鉄道
スーパーバード経由で情報を受信し、自動的に鉄道無線で列車の運転士に知らせ、運転士の判断で列車を制御する仕組みがすでに実現しています。 震度5弱以上などの列車制御の基準に従い、受信情報を接点出力に変換するだけで、従来の列車無線への入力が可能。特別なシステムの開発は必要ありません。
鉄道分野では、列車制御に限らず、駅の構内放送やエレベータ制御など、駅の構内設備との連動など、幅広い目的での活用が期待されています。
CATV
スーパーバード経由で受信した情報を音声信号に変換し、音声告知放送システムを通じて、加入者宅に地震の大きな揺れが来る前に、音声で警報を伝えるシステムが実現しています。さらにSTBの警報機能を利用したり、ホームコントローラによる家庭内制御システムと連動したり、様々な家庭用機器を通じて一般家庭に情報提供を行うことで、被害の軽減に威力を発揮します。 また緊急地震速報に限らず、同じ仕組みで洪水や土砂崩れなど、自治体からの情報を提供することも可能です。 地域に密着するCATV局だからこそ、地域の安全・安心に貢献。自主放送チャンネルでの広報・啓蒙番組と連動することで、効果はさらに高まります。
工場・学校・プラント
スーパーバード経由で受信した情報を音声信号に変換し、放送設備を通じて緊急通報を行うことで、工場内の作業員や学校内の学生などに早期避難を呼びかけ、人的被害を最小限に食い止めます。 また、同じ情報を接点信号に変換すれば、工場の生産ラインやプラントの制御も可能。 敷地内に設置した地震計と連動したシステムを構築すれば、より信頼性の高い制御が実現できます。
ビル管理、エレベーター、病院
受信信号を接点情報に変換し、エレベータの自動管制運転の新たな入力信号として利用するシステムがすでに実現しています。 震度5弱以上などの制御基準に従って、地震の大きな揺れが来る前に高速エレベータを減速・停止することで、閉じ込め事故を防ぎ、機器損傷などの被害を軽減します。 また、放送設備との連動で施設利用者に早期避難を呼びかけたり、建設現場の作業員に危険を知らせることで安全確保に貢献します。
TOPへ戻る