本文へ移動

緊急地震速報とは

地震の大きな揺れが到達する前に、その到達時刻と震度を推定し事前に通知することを目的として、気象庁から発表される地震速報です。2007年10月1日より、本格運用を開始しました。
地震発生後、最初にP波(初期微動)が伝わり、次にS波と呼ばれる大きな揺れ(主要動)が伝わります。地震の災害は主にこのS波によるものです。P波は秒速約7km、S波は秒速約4kmで伝わるため、P波が到達してから、S波が到達するまでの間に『時間差』が発生します。「緊急地震速報」では、この速度の差を利用し、実際に強い地震が到達する数秒~数十秒前に通知することが可能となります。
 
数秒~数十秒でも、事前に大きな地震を知ることができれば、何らかの対処が可能となり、地震による被害を軽減できます。大きな揺れが来る前に、机の下に身を隠す、倒壊の恐れのある場所(ブロック塀、棚など)から離れるなどの1アクションが、人的な災害から免れる「命を救う十数秒」になり得ます。他にも、列車やエレベーターの運転制御や工場の自動制御による減災、学校や病院などでの早期避難誘導や手術中の作業中断による予防処置など、「緊急地震速報」を活用し、災害を減らすことが可能となります。
 
この「緊急地震速報」は、気象庁より民間気象業務支援センターから、個々の利用者や他の緊急地震速報提供事業者へ配信されます。セーフティーバードは、この「緊急地震速報」を約36,000km上空の静止衛星「スーパーバード」を使い個々の利用者の皆様へ配信するサービスです。当社では「いざという時」に、少しでも被害を小さくするための体制づくりまで、ご提案・ご提供させていただいています。
【資料】
「緊急地震速報~まわりの人に声をかけながら あわてず、まず身の安全を!!~」
緊急地震速報のしくみと、見聞きしたときの行動などを解説したリーフレットです。
TOPへ戻る